アロマが認知症に役立つのはご存知でしょうか

アロマが認知症に役立つのはご存知でしょうか

今では女性以外にも男性からも人気なアロマなのですが、認知症の予防などに役立つのはご存知でしょうか。

実際に記憶障害などの病気を発覚してしまった場合にも、アロマは役立つそうです。

特にローズマリーの製油が認知症に良いといわれています。

今は話題になっていますが、今後アロマの香りが認知症の治療薬として、薬として処方される可能性もなくはないと思います。

僕の場合は記憶力の低下で悩んでいまして、妻の友人からアロマをお勧めされましたので、ローズマリーとオレンジの製油でキャンドルで香りを楽しんでいると、自然に記憶力が蘇ってきましたので、本当に認知症の方にも、予備軍の方にも効くと思います。

香りも良いので、続けられると思いますよ。

更に製油の種類は80種類以上ありますから、飽きる事はなかなかないと思います。

年配の方にも人気が急増しているようですね。

両親の誕生日などに送ってあげるのがベストかも知れませんね。

記憶力というのは人間にとっては、とても大事ですからね。

認知症の予防にはアロマの優しい香りで防ぎましょう

人間の脳には海馬という記憶の保管庫と呼ばれている器官があります。

その海馬の神経細胞が急激に死滅してしまったりした場合、認知症を発症してしまうというのが、今の医学の見方です。

まだ認知症に関しては医学では完全に原因がわかっていません。

今回はアロマの香りが認知症の記憶力を回復するお話をしたいと思います。

人間の鼻の嗅覚のすぐ近くに、最初に話した海馬があります。

アロマの香りを嗅ぐ事で、海馬に刺激を受け、そこから記憶力がアップするというのを雑誌で見たことがあります。

まだ、研究段階中らしいですが、アロマが認知症に良い効果を発揮するというのは、間違いないと思います。

得にオレンジやジャスミンなどがいいでしょうね。

アロマで認知症が軽減

アロマの初心者の方に人気なのが、ローズマリーとジャスミンです。

トイレの消臭剤などにも良く使われていますので、親しみがある香りですから、私のお勧めとしてはジャスミンの製油がいいと思います。

香りに関しては好みの問題もありますので、ローズマリーやジャスミン、オレンジが記憶力の回復に良いといわれていますね。